女性の下半身

頬がたるまないように

頬がたるんでいくにつれて、実年齢より高く見られてしまうことがあります。頬のたるみの原因、その大部分は加齢です。日頃から頬の筋肉を動かすように意識すれば、頬がたるんでいくスピードを落とすことができます。

この記事の続きを読む

アンチエイジング効果

全国の美容外科では、アンチエイジングに関する施術メニューが豊富に揃っています。アンチエイジングに関する施術の中でも、とりわけ人気が高いのが、レーザーフェイシャルというものです。

この記事の続きを読む

しみの原因や予防

しみができる原因は、人によって異なります。最も一般的な理由とされているのが、紫外線によるダメージよるものです。紫外線を浴びてすぐシミができることはありませんが、年齡を重ねるに連れて表面化していきます。

この記事の続きを読む

遺伝子学の歴史

老化の原因は人によって異なります。東京で遺伝子検査を受ければ、これから若さを維持するための方法を知ることができます。

キレイをつくれる美容皮膚科は福岡にありますよ。施術箇所から皮膚科を見つけることもできます。良い皮膚科はココで見つけましょう。

顕微鏡が発明されてから、細胞で生物体が作られていて、その細胞の中の核にある染色体に遺伝の情報がある事がわかってきています。遺伝学が始まった原点は、1866年にメンデルが発表した論文で、その後1900年にオランダとドイツとオーストリアの植物学者によって遺伝の法則が見つかったのです。 現在、遺伝の法則は動物や植物に使われていて、広い分野で活躍しています。また、細胞を増やす事や、分化や老化などから細胞のがん化などの研究も進み、ヒトの遺伝子のマッピングやモノクローン抗体を作る事などの、バイオテクノロジーの分野へと進化していっています。 これらのように遺伝子学は分野を広げて、応用されて現在では、医療の分野でDNA診断や治療にも使われてきています。

オーストリアの修道院の牧師であったメンデルは、異なる2つの遺伝子は子孫へと伝わって、それぞれに干渉する事はない事を発見しました。しかしその後、その2つの遺伝子は、時として1つになって子孫に伝わっていく事が発見されました。 これらのように、同じ染色体に2つの遺伝子が出来る事で起こる現象の事を遺伝子の連鎖と言われています。さらに連鎖する2つの遺伝子がある染色体が分化して、再度結合する事で起こる現象である遺伝子の乗り換えが起こる事が発見されました。 遺伝学は、微生物の発見から始まり動物や植物へと研究が発展してきました。そして、医療の分野にまで広がり社会的に応用されて、それを利用した研究が進められてきています。これからの遺伝学もさらに分野を広げて、社会と密接な関係になっていく事と思われます。

頬のたるみを無くして自信を戻そう【クリニカ市ヶ谷女性医師の外来】

加齢のサインである頬のたるみを即刻解消しましょう!メスを使わなくても有効な美容外科手術も数多く登場していますよ!